第9回キャリアコンサルタント試験 試験結果

Pocket
LINEで送る

今日10月2日は、第9回キャリアコンサルタント試験の結果発表がありましたね。

日本キャリア開発協会試験結果はこちら

キャリアコンサルティング協議会試験結果はこちら

↓私がいつもノートに書いているメモはこちら。

学科試験は、とても難しかったと言われていた第4回に次いで合格率が低かったです。実技試験は、JCDAとCC協議会と、初めて同数値レベルになりました。同時受験者は、学科試験と同じく、とても難しかったと言われていた第4回に次いで合格率が低いという結果に。実技受験者の推移と言えば、JCDAは2017年の第6回をピークに、だんだん減少傾向にあります。一方、CC協議会は第8回、9回とJCDAよりも多くなりました。

学科試験は次第に難しくなってく方向になるイメージですね。また、実技試験は、JCDAとCC協議会と同じぐらいの合格率になっていくイメージ。団体によって第1回の合格率に差がありすぎたのですが、時が経過する中で同レベルになっていったとみてとれます。どのようにしたらそのようになるのか、ちょっと不思議ではありますが。。。同時受験者の合格率が20%から30%強ということがあり、現役受験生にとっては厳しい数字の印象ですか。。。さてさて、今後の第10回、11回試験にに向けて、どのように準備をしていきましょうか。

ちなみに、下に私がキャリアカウンセラー養成講座を修了後の受験データのメモを載せておきます。私は第48回の1次をストレートで合格し、第48回2次不合格、第49回2次不合格でした。1次試験は学科試験、2次試験実技試験でした。実技試験は国家資格化された第1回(JCDA)で合格していますので、国家資格化後の実技試験としては最も合格率の低い試験で合格したということになります。(合格の手ごたえは、全くありませんでした。。。)

学科試験は一人で対策が可能ですが、実技試験は他の仲間がいるとスムーズかなあと。現在、次の試験に向けて、受験生の方々と練習中です。練習相手がいなくて、困っている方がおられましたら、よろしければご連絡下さい。少しでも力になればと思っています。

Pocket
LINEで送る