受容+質問

Pocket
LINEで送る

今日も、先輩から教えてもらったことをご紹介します。

インティーク面談では、まずはクライエントとの信頼関係がたいせつです。

クライエントが安心して話せる環境をつくらなければなりません。

受容+伝え返し

そのためには、クライエントのことを受容することがたいせつだと教わりました。

クライエントの話されることをがっちり受容し、伝え返すことによって、

「私は、あなたの話されることを、しっかり聴いています」

ということを、クライエントに伝えます。

面談が進んでくると、やはり自己探索をうながすようなかかわりが必要になります。

その時は、このような質問は、どうかとアドバイスをもらいました。

以下に、いくつかの例を紹介します。

受容+質問

==========

CL:半年仕事を休みました・・・

CC:半年仕事を休まれたんですね・・・

   その時、どのようなこと考えられましたか?

==========

CL:守りに入ってしまっているというか・・・

CC:守りに入ってしまっている・・・

   〇〇さんにとって、守りに入っているとは、どのようなことでしょうか?

==========

CL:以前は、営業でバリバリやっていたんですが・・・

CC:営業でバリバリ。〇〇さんの中で、また、営業でバリバリやりたい気持ちがあるんでしょうか?

==========

CL:今も3カ月に1度、病院に行っています。病状は落ち着いているんです。

CC:病状は落ち着いておられるんですね。

   先ほどから、しんどいとおっしゃられるのは、

   ご病気の関連はないということでしょうか?

==========

CL:今も3カ月に1度、病院に行っています。病状は落ち着いているんです。

CC;先ほどまで、何度もしんどいとおっしゃられますが、

   そうまでして、しんどいとおっしゃる何か心当たりがありますか? 

   〇〇さんの中に、何かおありなんでしょうか?

==========

CC:先ほどから、何度か支店長としての役割と言われていますが、

   〇〇さんの思う支店長の役割って、どのようなことでしょうか?

==========

なるほどこのように、話しを展開していくのかと、目から鱗でした。私は、このアドバイスをノートに何度も書き直して、試験に臨みました。

受容+質問

なかなか奥深いと思いませんか?

Pocket
LINEで送る